大阪のペットショップなら空港ドッグセンター・カタログ

キーヴィジュアル
ジャック・ラッセル・テリア
 英語名  Jack Russell Terrier
 グループ  第3グループ
 体の大きさ  小型犬
 体高
   25-30cm   
 体重
   5-6kg   
 原産国  イギリス
 特徴
  イギリス生まれの猟犬。小型だけどたくましい体は元気のかたまり!

【性格】陽気で好奇心旺盛なわんぱく坊主の元気者
陽気で活発、小さな体には元気のかたまりで、疲れを知らずに遊び回ります。家族には愛情深く、友好的な性格で家庭犬向き。
また、好奇心旺盛で大胆、さらに賢さと猟犬らしい勇敢さを備えているため、番犬としても有能です。

【食事】理想体型を維持するには体重管理に気をつけて
たくましく筋肉質な体つきが特徴の1つなので、太ってしまわないよう、栄養のバランスを考えた食事を与えるようにしましょう。

【運動】大型犬並みの運動量が必要
もともと小さな体で馬と一緒に駆けながら獲物を追っていたため、今でもタフでエネルギッシュ。小型犬と考えずに屋外で十分に運動させる必要があります。一緒になって活動的に遊べる飼い主にとっては最良のパートナーになれます。

【しつけ】頑固なテリア気質にはしつけが大切
陽気で友好的、人見知りしない性格ですが、テリアならではの頑固さが表れることもあります。
とにかく元気なので、飼い主のいうことをしっかり聞くよう仔犬の頃からのしつけが大事。

【お手入れ法】3つの被毛タイプにより手入れも異なる
スムースは毎日ブラッシングしてむだ毛を取り除く。ラフとブロークンは毎日のブラッシングのほか、古くなった被毛をナイフなどで抜き取るストリッピングが定期的に必要。

【注意事項】しつけと十分な運動が上手に飼うポイント
運動不足は健康的にも精神面でも大きなストレスに。十分にエネルギーを発散させてあげないと、むだ吠えや攻撃的な行動を引き起こすおそれも。また、頑固なテリア気質があるため、しっかりしつけをしていないと、飼い主よりも自分が上だと思い込み、いうことを聞かなくなったりするので主従関係はしっかりと。

【ルーツと歴史】
■初期の歴史

イギリスのジョン・ラッセル牧師が作出した犬。キツネ狩りの際に馬と一緒に走れる持久力と、キツネを穴から追い出すための小ささ、俊敏さを求め、フォックス・テリアを基に作られた。
■進化の歴史
ラッセル牧師は1800年代にこの犬種を作出したあと、同じ血統による足が長めの新犬種を作出。それがパーソン・ラッセル・テリアで、1990年になってイギリスのケネル・クラブに公認された。
■現在の活躍
1900年代に映画やテレビに登場するようになって、注目を集めるようになり、人気が上昇。
■ルーツに関わった犬たち
スムース・フォックス・テリア
パーソン・ラッセル・テリア


<この種類のワンちゃんを探す>

前へ  次へ