大阪のペットショップなら空港ドッグセンター・カタログ

キーヴィジュアル
シベリアン・ハスキー
 英語名  Siberian Husky
 グループ  第5グループ
 体の大きさ  中型犬
 体高
   ♂:53.5-60cm ♀:50.5-56cm   
 体重
   ♂:20.5-28kg ♀:15.5-23kg   
 原産国  アメリカ合衆国
 特徴
  別名:アークティック・ハスキー
気品とパワーを兼ね備えた明るく心優しい北方そり犬
☆歌舞伎のくまどりのような顔面の斑が特徴的
☆友好的で人なつこく、優しい性格
☆抜群のパワーとスピード、耐久力

【性格】見た目の鋭さと違って温厚な性格の持ち主
見た目は鋭い表情をしていますが、性格は陽気で優しく友好的です。
飼い主にはとても従順で、子供や他の動物とも仲良く暮らせます。

【運動・しつけ】パワーあふれる犬なので、運動としつけはしっかりと
そり犬として活躍してきた抜群のパワーとスピード、忍耐力を持つ犬なので、自転車による引き運動などで毎日たっぷりと運動を行い、十分にストレスを発散させてあげましょう。
しつけも仔犬の時から根気よく、しっかり行うようにします。

【お手入れ】換毛木の手入れや夏場の温度管理には気をつけて
被毛の手入れは、運動や散歩から帰った後のブラッシングを日課に。
換毛期にはかなりの量の毛が抜けるため、ブラッシングは入念に行うようにしましょう。
極寒地での作業犬として耐え抜く忍耐力があり、寒さには強いですが、暑さには苦手。
夏場は温度管理にくれぐれも注意を。

【おもしろエピソード】ハスキーな声が名前の由来。銅像にもなっている犬
遠吠えする声がしわがれる事からハスキーと命名されたと言われています。
また、ジフテリアの抗血清をそりで運び、多くの人名を救った功績から、ニューヨークのセントラルパークにその時のリーダー犬「バルト」の銅像が立っています。

【ルーツ・歴史】そり犬として大活躍していた
シベリア北東部地方にいたチュクチ族に飼われ、冬はそりを、夏は舟を引く犬として活躍。
南極や北極大陸探検でもそり引き犬として使用され、1909年アラスカのそりレースで一躍有名に。

【被毛・毛色】
中くらいの長さの真っ直ぐでなめらかな被毛。
毛色はブラックから純白まで全ての色が認められており、顔面の斑が特徴的。


<この種類のワンちゃんを探す>

前へ  次へ